コンテンツ

カテゴリー「LTspice入門」の12件の記事

2018/02/16

LTspice入門 
パラメトリック解析(.STEP)

電圧値や素子の値を変化させてシミュレーションする際、値を変えてシミュレーションするを何度も繰り返すことになります。これは面倒ですね。そんな時に.STEPコマンドを使うと一回で済ませることができます。

下図は.STEPコマンドの説明です。.MEASコマンドほど難しくはありません。




Photo


続きを読む "LTspice入門 
パラメトリック解析(.STEP)" »

2018/02/13

LTspice入門 
波形の値を読み取る(.MEAS)

シミュレーションで得られたグラフ上の値を知りたいとき、下図のようにマウスカーソルを動かし枠の下の方に表示される数値を読み取ることになります。しかし、もっと正確に値を求めたいということがありますよね。そんな時に使うのが.MEAS(.MEASURE)コマンドです。




Photo


続きを読む "LTspice入門 
波形の値を読み取る(.MEAS)" »

2018/02/09

LTspice入門 
歪率とFFT解析(.FOUR)

LTspiceは歪率をシミュレーションすることができます。
過渡解析で使用した2SC1815一石アンプを使い、歪率をシミュレーションしてみましょう。

歪率は離散的フーリエ変換の結果として得られる数値になります。フーリエ変換コマンド(.FOUR)を回路図上に置いてシミュレーションします。

下図はLTspiceのヘルプに記されているフーリエ変換コマンド(.FOUR)の説明を抜き出したものです。”<”と”>”とで囲まれた項目は必須入力項目です。”[”と”]”とで囲まれた項目は任意入力項目です。



Photo




続きを読む "LTspice入門 
歪率とFFT解析(.FOUR)" »

2018/02/06

LTspice入門 
出力トランスモデルをライブラリに組込む

出力トランスモデルをLTspiceに組込む方法を紹介します。

LTspiceにはトランスのシンボルは用意されていませんのでオリジナルシンボルを作成することにします。下図は自作のシンボルです。




Photo

続きを読む "LTspice入門 
出力トランスモデルをライブラリに組込む" »

2018/02/02

LTspice入門 
真空管モデルを使ってDC解析(.DC)

EL34Tのプレート特性を、LTspiceのDC解析を使って描いてみます。横軸がプレート電圧、縦軸がプレート電流(+スクリーン電流)になります。


まず、EL34がちゃんと組み込まれているか確認します。LTspiceXVIIを立ち上げ新しい回路図を開きます。次にツール・バーの”Component”ボタンを押しSelect Component Symbolの画面で[MyDevice]をダブルクリックします。



Photo


続きを読む "LTspice入門 
真空管モデルを使ってDC解析(.DC)" »

2018/01/30

LTspice入門 
真空管モデルをライブラリに組込む

真空管モデルをLTspiceに組込む方法を紹介します。


Spice系の真空管モデルは色々あるようですが、中林歩氏が作成されたモデルの評価が高く多くの方々に使われています。


          



続きを読む "LTspice入門 
真空管モデルをライブラリに組込む" »

2018/01/26

LTspice入門 
オペアンプモデルを使ってAC解析(.AC)

OPA604のオープンループ特性をAC解析を使ってシミュレーションしてみます。AC解析の結果は、横軸が周波数、縦軸がゲインと位相で表されます。


まず、OPA604がちゃんと組み込まれているか確認しましょう。LTspiceXVIIを立ち上げ新しい回路図を開きます。次にツール・バーの”Component”ボタンを押します。前回ブログでsymフォルダに作成したMyDeviceフォルダが表示されています。



Ac


続きを読む "LTspice入門 
オペアンプモデルを使ってAC解析(.AC)" »

2018/01/23

LTspice入門 
オペアンプモデルをライブラリに組込む

LTspiceに用意されているオペアンプのモデル、当然ですがリニアテクノロジー社の製品だけです。ここではTI社のOPA604を取り上げ、リニアテクノロジー社以外のオペアンプモデルを組込む方法を紹介します。

まずTI社のホームページでOPA604を検索します。



Photo



続きを読む "LTspice入門 
オペアンプモデルをライブラリに組込む" »

2018/01/19

LTspice入門 
トランジスタモデルを使って過渡解析(.TRAN)

トランジスタのデバイスモデルに追加した2SC1815を使って1石増幅回路の過渡解析を行ってみます。回路各部の電圧/電流波形をオシロスコープの画面のような感覚で見ることができます。


前回のブログは2SC1815を回路図に配置したところで終わっています。下図の様になっていました。



Photo_42



続きを読む "LTspice入門 
トランジスタモデルを使って過渡解析(.TRAN)" »

2018/01/16

LTspice入門 
トランジスタモデルをライブラリに組込む

LTspiceに用意されていないデバイス・モデルを使いたいことがあります。例えば2SC1815とか、使いたいですよね。今回は、半導体メーカのサイトや書籍の付録に付いてくるデバイス・モデルの組み込み方法を紹介します。

CQ出版から出版されている遠坂俊昭著「電子回路シミュレータLTspice実践入門」にCDが添付されています。この中に、下記に示す16種類のバイポーラトランジスタ・デバイス・モデルがhfeでランク分けされ入っています。

2SC1815、2SC2458、2SC2712、2SC3329、2SC3423、2SC4793、2SC5200、2SC5242
2SA1015、2SA1048、2SA1162、2SA1316、2SA1360、2SA1837、2SA1943、2SA1962



          

続きを読む "LTspice入門 
トランジスタモデルをライブラリに組込む" »