コンテンツ

« ケースの設計ーーーADCの製作 | トップページ | 板金加工ーーーADCの製作 »

2024/06/11

プリント基板の設計ーーーADCの製作

下図はアナログ基板の回路図です。EAGLE7.4 Standard Editionで作成しました。
Adc_f_01



下図はアナログ基板のアートワーク図です。横100mm、縦100mmの2層基板としました。XLRコネクタとVRをリアパネル直付けします。プリント基板側の取り付け穴は二箇所とし、長穴は大きめにして取り付け時の調整が効くようにしてあります。


第一層は部品面です。主な配線はこの面で行います。
Adc_f_02


第二層は電源グランドの配線に使っています。
Adc_f_03




下図はディジタル基板の回路図です。アナログ基板と同じくEAGLE7.4 Standard Editionを使用しました。
Adc_f_04


Adc_f_05



下図はディジタル基板のアートワーク図です。横100mm、縦80mmの4層基板としました。BNCコネクタはリアパネルに直付けです。水晶は金属ケースに入っていますが下にはパターンが走らないようにしました。配線密度が低いのでアートワークは難しくない作業です。

第一層は部品面です。主な配線はこの面で行なっています。
Adc_f_06


第二層はグランド層です。回路図では一つのAGNDになっていますが、アートワークでは3つの電源ごとにグランドを分けそれぞれが1点で接続されるようにしています。
Adc_f_07


第三層は電源の配線層になっています。
Adc_f_08


第四層は第一層で配線しきれなかった信号を通しています。第一層と第四層は空いたスペースが多いです。これをグランドで埋めようかと思いましたが面倒なのでやりませんでした。本来はやっておくべきだと思います。
Adc_f_09





« ケースの設計ーーーADCの製作 | トップページ | 板金加工ーーーADCの製作 »

ADC設計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ケースの設計ーーーADCの製作 | トップページ | 板金加工ーーーADCの製作 »