コンテンツ

« EAGLE入門 第二章【回路図】 ロジックICの取り扱い | トップページ | EAGLE入門 第二章【回路図】 ERCと画像の保存 »

2020/09/11

EAGLE入門 第二章【回路図】 三端子レギュレータ電源の回路図を作成する

Photo_20200911092501


(26)三端子レギュレータ電源の回路図を作成する

下図は三端子レギュレータ電源の回路図です。出力電圧±15Vで設計してあります。

Photo_20200911092502


まずプロジェクトを作成します。

Photo_20200911092601


次に回路図ファイルを作成します。

Photo_20200911092602


回路図作成画面が表示されます。

Photo_20200911092701


A4サイズのフレームをライブラリから呼び出します。

Photo_20200911092702


下図は部品表です。ライブラリのどこにあるか分かるようにしてあります。

Photo_20200911092801


TO220パッケージの+15V三端子レギュレータです。

Photo_20200911092901


TO220パッケージの-15V三端子レギュレータです。

Photo_20200911092902


DO-41パッケージのダイオードです。

Photo_20200911093001


1/2W金属皮膜抵抗相当の抵抗シンボルです。

Photo_20200911093002


直径が18mmでリードピッチが7.62mmの電解コンデンサです。

Photo_20200911093101  

直径が6mmでリードピッチが2.54mmの電解コンデンサです。

Photo_20200911093102


リードピッチが5mmのセラミックコンデンサを想定したシンボルです。

Photo_20200911093201


5.08mmピッチの2ピンブロックターミナルです。

Photo_20200911093202


全ての部品を配置しました。

Photo_20200911093301


”Net”アイコンをクリックし配線を始めます。

Photo_20200911093401


配線が完了しました。

Photo_20200911093402


部品名を入力し文字サイズを変更して完成です。

Photo_20200911101301









« EAGLE入門 第二章【回路図】 ロジックICの取り扱い | トップページ | EAGLE入門 第二章【回路図】 ERCと画像の保存 »

EAGLE回路図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EAGLE入門 第二章【回路図】 ロジックICの取り扱い | トップページ | EAGLE入門 第二章【回路図】 ERCと画像の保存 »