コンテンツ

« EAGLE入門 第二章【回路図】 部品番号と部品名の変更、文字サイズの変更 | トップページ | EAGLE入門 第二章【回路図】 三端子レギュレータ電源の回路図を作成する »

2020/09/08

EAGLE入門 第二章【回路図】 ロジックICの取り扱い

Photo_20200908065201


(23)ロジックIC 電源グランドの呼出し

部品ライブラリに用意されているロジックIC74シリーズをみてみます。下図ではSOパッケージの74LS00が選択されています。AからDの4つNANDゲートシンボルと、Pと書かれているVCCとGNDがセットになった電源グランドシンボルが見て取れます。”ADD”をクリックして回路図に配置してみましょう。

Photo_20200908065301


左ボタンをクリックするごとに一つずつゲートが配置されていきます。4回左ボタンをクリックしてAからDまで4つのNANDゲートを配置しました。

Photo_20200908065401
さらに左ボタンをクリックしても次のパッケージのゲートシンボル(IC4A)が出てきて、部品ライブラリにあったPと書かれている電源グランドシンボルは出てきません。



以下で電源グランドのシンボルを配置する方法を説明します。サイドツールバーの”Invoke”アイコンをクリックします。NANDゲートの上で左クリックします。

Photo_20200908071601


下図のウインドウがポップアップします。
Photo_20200908071701
左端にPと書かれた5番目のラインをクリックしてハイライトさせ”OK”ボタンを押します。
Photo_20200908071801
電源グランドのシンボルが表示されますから適当なところに配置します。

Photo_20200908071802
ロジックICの他、オペアンプ等では電源グランドが独立したシンボルになっていることが多いのでこのような操作が必要です。




(24)ロジックIC ピンを入換える

配線作業を進めるうちにゲートのピンを入れ替えたいと思う時があります。

下図でBゲートの4番ピンと5番ピンを入れ替える方法を説明します。サイドツールバーの”Pinswap”アイコンをクリックします。4番ピンと5番ピンの上を順番に左クリックします。

Photo_20200908071901


下図はピンを入れ替えた結果です。ピンが入れ替わるというより配線が入れ替わると言った方が良いのかもしれません。

Photo_20200908071902


(25)ロジックIC ゲートを入換える

下図でBゲートとDゲートを入れ替える方法を説明します。サイドツールバーの”Gateswap”アイコンをクリックします。BゲートとDゲートの上を順番に左クリックします。

Photo_20200908072001


下図はゲートを入れ替えた結果です。ピン番号を見ることでゲートが入れ替わったことが確認できます。

Photo_20200908072002





« EAGLE入門 第二章【回路図】 部品番号と部品名の変更、文字サイズの変更 | トップページ | EAGLE入門 第二章【回路図】 三端子レギュレータ電源の回路図を作成する »

EAGLE回路図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EAGLE入門 第二章【回路図】 部品番号と部品名の変更、文字サイズの変更 | トップページ | EAGLE入門 第二章【回路図】 三端子レギュレータ電源の回路図を作成する »