コンテンツ

« ネットオーディオ LUMIN Appの導入 | トップページ | 第17回 石川アンプ同好会 作品発表・試聴会 »

2018/05/18

ネットオーディオ fidata Music App

Photo





アップルストアに入り、”fidata”で検索をかけます。無料アプリです。

Photo_2




開いた画面の右下角の上矢印をタップするとMeia Renderer(ネットワークプレイヤー )の撰択画面になります。BubbleUPnP Serverを入れてあるからでしょうか、N-50が二つあるように見えます。

Photo_3




左下角の上矢印をタップするとMedia Serverの撰択画面になります。アプリの設定もここからのようです。

Photo_4




全ての設定が終わり MinimServer の folder View を表示しているところです。

Photo_5




アートペッパーのミーツ・ザ・ザ・リズムセクションをプレイリストに登録します。
Meets the Rhythm Section のアルバムアート上で長押しすると”一括プレイリスト登録”という画面がポップアップします。これをタップすることでアルバム全曲がプレイリストに登録されます。

LUMIN Appであった「登録してすぐ再生」、「再生中の曲の後に登録」、「再生中のリストの後に登録」、「登録済みのリストを消去して登録」は上の方に専用アイコンが設けられていて、予めどれかに決めておくというやり方です。

Photo_6




下図は、もう一段降りてアルバム Meets the Rhythm Section 内の曲を表示しているところです。この画面から聞きたい曲をプレイリストに登録することができます。もちろん1タップです。さらに、アルバムアートをタップすることで全曲を一度にプレイリストへ登録することができます。

Photo_7




アルバムアートを長押しするとプレイリストへの登録画面がポップアップします。

Photo_8




アルバム一枚分の楽曲がプレイリストに登録されました。

Photo_9




再生中の画面です。背後にうっすらとアルバムアートが表示されています。

Photo_10




左上角のアルバムアートをタップすると下図になります。色々な情報を見ることができますが、次の曲名が表示されているのは他のアプリに無い特徴かと思います。

Photo_11




先の画面でアルバムアートをタップすると全画面表示になります。

Photo_12




fidata Music Appは痒い所に手が届く素晴らしいアプリだと思います。

しかし、私の環境では以下のような不具合が発生します。



プレイリストに複数の曲を登録し順番に再生するというごく普通の動作です。ある曲が終わり次の曲の演奏が始まったのにfidata Music Appの表示は前の曲のままという状態になります。サーバーとネットワークプレイヤー間でどのような曲が再生されているかを見失っているようです。再生時間の表示は動いています。曲のストップ/スタートはできますが、次の曲へ移動や前の曲へ移動はできません。フォルダービューで階層移動は可能です。プレイリストへ曲を追加することはできているようですが表示はされません。ハングアップしているわけではないようです。ソフトを再起動すると曲のトレースを再開します。しかし、数曲後にはまた同じ現象になります。

BubbleUPnP Serverというよくわからないソフトを使っている、ファイル名やメタ情報もユーザ独自に付与しているというような環境で安定に動作しろというのは酷な話かもしれません。また、iPadのネットワーク接続は無線ですからレスポンスの関係でタイミングが合わないということもあるでしょう(これが今回の最も大きな原因だと思います)。



私の再生環境が影響してうまく動作できなかったのだと思います。ということで、しばらくはLUMIN APPを使っていきたいと思います。


« ネットオーディオ LUMIN Appの導入 | トップページ | 第17回 石川アンプ同好会 作品発表・試聴会 »

ネットオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットオーディオ fidata Music App:

« ネットオーディオ LUMIN Appの導入 | トップページ | 第17回 石川アンプ同好会 作品発表・試聴会 »