コンテンツ

« KT88pp Version2 測定結果(3) | トップページ | KT88pp Version2 考察(2) »

2016/12/20

KT88pp Version2 考察

アンプ入力に入れてあるDCカットフィルタのコンデンサですが、銘柄を決めるために聞き比べを行いました。



Photo



比べたのは下の写真の7種類です。




Photo_2





上段左から、
  アムトランス メタライズドフィルムコンデンサ AMCOシリーズ 630VDC 0.47μF
  (購入先:アムトランス)
  ASC メタライズドポリプロピレンフィルムコンデンサ X363シリーズ 400VDC 0.33μF
  (購入先:海神無線)
  日​精​電​機 ポ​リ​プ​ロ​ピ​レ​ン​フ​ィ​ル​ム​コ​ン​デ​ン​サ APSシリーズ 100VDC 0.22μF
  (購入先:若松通商)
  PARCAudio メタライズドポリプロピレンフィルムコンデンサ 400VDC 0.33μF
  (購入先:千石電商)
下段左から
  ルビコン メタライズドポリプロピレンフィルムコンデンサ MPSシリーズ 250VDC 2.2μF
  (購入先:秋月電子通商)
  パナソニック メタライズドポリプロピレンフィルムコンデンサ ECWFシリーズ 250VDC 2.2μF
  (購入先:Digikey)
  パナソニック メタライズドPETフィルムコンデンサ ECQEシリーズ 250VDC 2.2μF
  (購入先:Digikey)


下の写真のように、電源を切らずクリップで切り替えるという乱暴なやり方です。




Photo_3




以下、ヒアリングの結果です。


1)ルビコン メタライズドポリプロピレンフィルムコンデンサ MPSシリーズ 250VDC 2.2μF
  歪みっぽくてこめかみが痛くなるような音。

2)パナソニック メタライズドPETフィルムコンデンサ ECQEシリーズ 250VDC 2.2μF
  元気があり解像度の高い音。少し聴き疲れするがギリギリOK。

3)パナソニック メタライズドポリプロピレンフィルムコンデンサ ECWFシリーズ 250VDC 2.2μF
  ソフトな音質だが、解像度が落ちたと感じさせない。
  録音の古いジャズはgoodである。

4)アムトランス メタライズドフィルムコンデンサ AMCOシリーズ 630VDC 0.47μF
  若干中域寄りで、少しばかりクセを感じる。
  気になるほどでないが、6)と比べると分解能は低い。

5)日​精​電​機 ポ​リ​プ​ロ​ピ​レ​ン​フ​ィ​ル​ム​コ​ン​デ​ン​サ APSシリーズ 100VDC 0.22μF
  音のにじみが感じられ、分解能もそれほどでない。
  EL84の時は最も良いと判断したのだが...。

6)PARCAudio メタライズドポリプロピレンフィルムコンデンサ 400VDC 0.33μF
  非常に分解能が高く音ににじみがない(透明感がある)。
  特にピアノの音は綺麗で、他のコンデンサとは違うように聞こえる。
  (どちらが正しいかはわからない)

7)ASC メタライズドポリプロピレンフィルムコンデンサ X363シリーズ 400VDC 0.33μF
  綺麗な音であり、無難な選択である。
  それでも、6)と比べるとにじみ(雑味)を感じてしまう。



今回のKT88ULpp Version2に限っての結果ですが、
  6)  >>  7) > 2) > 4) > 5) > 3)  >>  1)
となりました。


ということで、PARCAudioのメタライズドポリプロピレンフィルムコンデンサを採用することにしました。
基板に取り付けたのは0.82μFです。




Photo_4

« KT88pp Version2 測定結果(3) | トップページ | KT88pp Version2 考察(2) »

パーツ」カテゴリの記事

KT88V2考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KT88pp Version2 考察:

« KT88pp Version2 測定結果(3) | トップページ | KT88pp Version2 考察(2) »