コンテンツ

« KT88pp Version2 測定結果(2) | トップページ | KT88pp Version2 考察 »

2016/12/16

KT88pp Version2 測定結果(3)

下図はアンプの歪率特性です。図の左側がKNFのみ、右側がKNF+NFB20dBです。



12thd
Tube1&2 THD



12thdn
Tube1&2 THD+N



56thd
Tube5&6 THD



56thdn
Tube5&6 THD+N



前回アンプのNFBなしと今回のKNFのみの場合とを比較してみると、電圧増幅段のゲインが高くノイズをひらいやすいことから、THD+Nの歪率は今回のアンプの方が悪くなっています。しかし、約3dBのKNFの効果があって、THDの歪率は今回のアンプの方が若干よくなっています。


10KHzの歪率が100Hzと1kHzと比べて悪くなっています。電圧増幅段のゲインを大きくしたことでオペアンプにかかるNF量が低下していますが、このことが影響しているのかどうかは不明です。



下図はTube1&2の100Hz〜10KHz方形波応答特性です。
図の左側がKNFのみ、右側がKNF+オーバーオールNFB20dBです。
KNFのみの周波数特性は20KHzしかありませんから、10KHzの応答波形はかなりなまっています。



100hz
100Hz 4Ω



1khz
1KHz 4Ω



10khz
10KHz 4Ω



下図は容量負荷に対する安定性を確認したものです。図の左側が4Ω+100nF、右側が100nFです。



10khz100nf





« KT88pp Version2 測定結果(2) | トップページ | KT88pp Version2 考察 »

KT88V2測定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KT88pp Version2 測定結果(3):

« KT88pp Version2 測定結果(2) | トップページ | KT88pp Version2 考察 »