コンテンツ

« KT88pp Version2 測定結果 | トップページ | KT88pp Version2 測定結果(3) »

2016/12/13

KT88pp Version2 測定結果(2)

下図はアンプの周波数特性です。



4ohm2vrms12knf
Tube1&2 KNFのみ 2Vrms(=1W)



4ohm2vrms12nfb20db
Tube1&2 KNF+20dB 2Vrms(=1W)



4ohm2vrms56knf
Tube5&6 KNFのみ 2Vrms(=1W)



4ohm2vrms56nfb20db
Tube5&6 KNF+20dB 2Vrms(=1W)



特性を表にまとめました。



Photo





NFBを約20dBかけました。
それでもアンプゲインは25dB以上あり、少し高感度なアンプとなっています。

周波数特性ですが、NFBをかけない時の特性は電圧増幅段の特性がそのまま出ています。NFBをかけることによってよって高域がぐーんと伸びます。

ダンピングファクタですが、20KHzまで20以上が得られました。これだけあれば現代型のスピーカでも十分ドライブできると思います。




« KT88pp Version2 測定結果 | トップページ | KT88pp Version2 測定結果(3) »

KT88V2測定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KT88pp Version2 測定結果(2):

« KT88pp Version2 測定結果 | トップページ | KT88pp Version2 測定結果(3) »