コンテンツ

« KT88プッシュプルアンプ 構造実装設計(6) | トップページ | ネットオーディオ Minim Serverの導入 »

2016/06/17

ネットオーディオ Twonky Serverのバージョンアップ

 今日はネットオーディオネタです。
私は音楽データをNASに保存し、ネットワークを経由して音楽再生をしています。
ネットワークオーディオのおさらいです。登場人物は次の通りです。

DMS:Digital Media Server
    音楽データの保管と管理
    音楽データ情報の管理、編集、提供
    音楽データの送信
DMR:Digital Media Renderer
    音楽データの受信、再生
    音楽データをストリーミング形式に変換
DMC:Digital Media Controller
    ネットワーク内のDMS、DMRを認識
    DMSから提供された音楽データ情報の表示
    DMSへ音楽データ送信を指示
    DMRへ音楽データの再生、停止を指示



Netaudio



管理方法ですが、JAZZだとジャンルから降りていくというやり方が一般的かと思います。ジャンルはファイルのタグ(メタ)データに入っています。ここで問題になるのは、ジャンルをピアノとかベースの楽器にするかcoolとかBe Bopのスタイルにするかです。私は楽器の方を選んだので、スタイルに関してはフォルダで分類するしかなくなりました。CDにはコンピレーションアルバムやレーベルで管理したいものもありますから、フォルダで管理する方が何かと便利です。



ということで、私はNASの中(正確には、QNAP製HS−210内の共有フォルダ Multimediaの中)にスタイルやレーベル等を分類してフォルダを切っています。ですから、フォルダの階層を下に降りて行って目的のアルバムにたどり着く、というやり方になります。



ところが、HS−210に標準で搭載されているTwonky Serverは、フォルダから入ってアルバムを選択するとその中の曲がトラック番号順ではなくアルファベット順に表示されてしまうのです。なんとかならないかとずっと思っていたのですが、最新バージョンで改善されたようなので試してみました。



下記はHS−210の設定画面トップページです。右下のTwonkyMediaをクリックします。


Qnap001




下記はTwonkyServerの設定画面です。バージョンは8.2.1です。


Qnap002




”アドバンスト”を選択し、その中の”フォルダによるナビゲーション”を表示させ、”フォルダによるブラウズする時は、必ずファイル名を使用”にチェックを入れます。左下の”変更を保存”をクリックしてsaveします。

Qnap003




サーバを再起動して完了です。

Qnap004




早速、Creation 5で確認してみました。(アルバムアートは私の撮った写真です)
残念!アルファベット順に並んでいます。

C5




おかしいなと思い、PugPlayerで確認しました。
ちゃんとトラック順になっています。
Creation 5でうまくいかない理由は分かりません。

Plugplayer






書き忘れるところでしたが、フォルダから降りて行ってアルバムを選択し曲名を表示させた時、そこに表示されれているのは”ファイル名”です。他の方法(ジャンルとかアーティスト名)から降りて行ってアルバムを選択し曲名を表示させた時は、タグデータに入っている曲名が表示されます。曲名とファイル名が異なる場合には注意が必要です。

もう一点、楽曲はタグデータに入っているトラックNO.の順に並ぶわけではありません。あくまでもファイル名の順番に並ぶので、ファイル名の先頭にトラックNO.を挿入する必要があります。そして、その数字は"0"の入った形式、すなわち"1"であれば"01"と表示しなければいけません。面倒臭いですが、タグデータ編集ソフトを使うと割と簡単に付加することができます。



« KT88プッシュプルアンプ 構造実装設計(6) | トップページ | ネットオーディオ Minim Serverの導入 »

ネットオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットオーディオ Twonky Serverのバージョンアップ:

« KT88プッシュプルアンプ 構造実装設計(6) | トップページ | ネットオーディオ Minim Serverの導入 »